最近、「足がつる」とお悩みでお見えの方が増えています。

「足がつる」とは、足の筋肉が突然強い痛みを伴って収縮・痙攣することで、特にふくらはぎ=腓(こむら)に起こる症状は俗に「こむら返り」と呼ばれ、腓腹筋痙攣と同義とみなされることもあります。様々な原因が考えられますが、まだ特定には至っていないようです。

一般的な原因として、筋肉疲労が挙げられます。激しい運動中や運動後の他に、日常生活の疲れが積み重なったり普段と違う動かし方をしたときに、夜寝ている間や朝起きた後などにも起こります。疲れた筋肉は通常緩むのですが、過度の刺激を受けると強く収縮し、「足がつる」のです。また筋肉の冷えによる血行不良も筋肉を収縮させます。

もう一つの主な原因は、多量の発汗・下痢・利尿薬の服用による脱水により、電解質(カルシウム・マグネシウム・カリウムなどのミネラル)のバランスが崩れることで、神経や筋肉が興奮しやすくなって起こることもあります。

足がつってしまった時には、まずはその筋肉を伸ばすことが有効です。つった方の足先をつかんでゆっくりと自分に向かって引きつけたり、起き上がれるのであればつった足を後ろ側にしてアキレス腱伸ばしも効果的です。無理して伸ばすと肉離れを起こすこともありますので、反動をつけたり痛いのを我慢して強く伸ばそうとせず、患部を温めて安静にすることをお勧めします。少し症状が和らいできたら、ふくらはぎや膝の裏をやさしくマッサージしたり、足首を回したりして、血行を良くして硬くなった筋肉をほぐしましょう。

足がつらないようにするためには、普段から足が冷えないようにすること、運動前後には十分なストレッチやマッサージをすること、汗をかきやすい方は特に適度な水分補給(電解質のバランスを保つにはスポーツドリンクが効果的)を心掛けることなどに注意してください。またミネラル分が不足しないように食生活を見直すことも大切です。ビタミンB1摂取には豚肉、豆類、牛乳、卵を、タウリン摂取にはイカやタコなどの魚貝類を摂るようにしましょう。

その他注意が必要なのは、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの症状として表れたり、脳梗塞・脳腫瘍・糖尿病・などの内分泌疾患によるもの、血液透析・甲状腺機能低下症・妊娠・脊髄性筋委縮症・多発神経炎などの神経原性筋委縮をきたす疾患、下肢静脈瘤なども「足がつる」原因となる場合もあります。症状が頻繁に起こる場合は、軽視せずに整形外科・神経内科などを受診されることをお勧めします。

ここ何日かで急激に温度が上がっていることも無関係ではないでしょう。適度な水分補給と運動、バランスの良い食事を心がけ、早めに対処してください。足の疲労を取りバランスを整える整体ももちろん効果的です。気になった方はまず船橋市の整体&リラクゼーションサロンシレンシオ新船橋までお電話でご相談くださいね。


logo_3E
http://salon-silencio.com/

047-423-3640
【予約受付時間】 10:00~19:00(水・日曜・祝祭日は~18:00)
表示の時間はお電話でのご予約受付時間であり、営業時間ではありません。
朝早くや夜遅い時間の施術もお受けしています。早く起きた朝や、仕事帰りも可能ですので、
予約受付時間内にお気軽にお電話くださいね。
【定休日】 木曜日(その他不定休あり)

千葉県船橋市海神2-23-30 沼田ビル2階B
新船橋駅・イオンモール船橋より徒歩1分